【活動報告】5ヶ月ぶりに朝カフェ(リアル)開催しました!

こんにちは。小沼陽子です。
昨日は久々の、本当に久々のリアル朝カフェを開催しました。参加者大人6名、子供1名です。

コロナウィルスの影響で人数制限をさせていただいた為、少人数での開催となりましたが、本当に楽しい時間を過ごせました。

リアル朝カフェは3月から開催を見送っていましたので、なんと5ヶ月ぶりの開催です!

マスクをつけたり外したり途中手を消毒してみたり、とウィズコロナ時代の朝カフェが始まりました。

●気持ちを軽〜くしたくてカフェで開催

緊急事態宣言後も、自分たちで対策を取りながらの生活は気づかぬうちに大きなストレスがかかっていて、私自身エネルギーの滞りを感じていました。

開放的で自然に近いものを口にしたいという思いから、今回は以前にお世話になっていた善行駅近くの『八◯八』さんで開催しました。

『八◯八』さんのおばちゃんがお元気そうで、本当に嬉しかったです。

酵素ジュースやら新鮮な野菜たっぷりのお食事とともに、話がとまりませんでした。

●雑談の中に大切な何かがある

いつも通り自己紹介から始めました。

学校のことや子供のことや自分自身のこと、あっちこっち話が飛びながら、とても深い話ができました。

オンラインだとあっちこっち話がとびながら雑談を楽しむ、ということがどうしてもできません。
ましてや初対面の方と単なる雑談をするなんて機会はないのでは。

思う存分、雑談できる時間がなんて貴重なのか、改めて感じさせられました。

話す事を決めていたわけではないのに、雑談をしている中から大切なことが見えてきて、自分が考えていたことやこれからやってみたい事が分かってくる感じ。この感覚がとても懐かしかったです。

●心地よい疲れに満たされて

実は9時半にスタートして、場所を変えつつ最後に解散したのは5時半でした。

オンラインでは2時間でぐったり疲れてしまう私ですが、リアルだとこんなに長い時間話していても変な疲れがありません。

久々のリアルトークであり心地よい疲れに満たされて、帰宅後はバタンキューでした。

自粛生活中はオンラインのおかげで、本当に救われました。
オンラインがなかったら私は発狂していたんではないかとさえ思ってしまいます。いや、今でもオンラインのおかげで大変助かっています。

しかし、人間、オンラインだけでは心の底から開放できず、エネルギーが滞ってしまうのでしょう。人間も生物だし当たり前のことです。

このご時世、リアル朝カフェ開催はどうなのか?色々迷いもありましたが、予想以上に楽しかったため、今後もコロナ対策を考えながら開催を継続していきたいと思っています。

 

●最後に、参加者さんからのご感想をご紹介します!

”久しぶりに、(リアル)朝カフェに参加させてもらいましたー。なんだかあわててたり、背負い込んでいたりしたものを、整理したり、手放したりするきっかけをもらいました、ホッと力が抜けました…”

”ここに行けば陽子さんがいつも朝カフェをやっていてくれている。娘が学校に行っても行かなくても良いけど、同じ気持ちを共有できる仲間がここに居る。というリアル感。
今困った人にも個人的に話を聞くだけでなく、ここを紹介できる。
人のステージは変わっていくのに、陽子さんはここを維持してくれている事に感謝しています。”

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA