【活動報告】藤沢市助成金事業 第2回伴走支援講座に参加しました

こんにちは。小沼陽子です。

11/20(金)に藤沢市助成金事業ミライカナエル活動サポート事業ステップアップ支援コース 第2回伴走支援講座に、プロジェクト子供メンバー小沼彩音(13歳)と2人で参加してきました。

つまり親子参加です(^^)

娘はイラストレーターやフォトショップを使ってチラシを作ってくれたり、先日の視察にも同行したり、資料のホチキスどめやらの事務的なことも、たくさん請け負ってくれています。

『子供たちが生きやすい未来を作るのだから、子供がプロジェクトに参加した方がいい』

という私の強い思いもあり、藤沢市のご担当者さんにご相談し、娘と一緒に参加させてもらうことになりました。

組織やコミュニティの棚卸しの発表をしたり、ミッションビジョンについて、他社の事例などを交えて教えていただきました。

私達が今準備を進めている『優プログラム』は地域通貨やポイントカードを活用し、地域の方々と一緒に街を作りあげていく構想であり、私達のプロジェクトはもはや任意団体ではなく、NPOや一般社団などに組織化した方が良いのでは、というアドバイスをいただきました。

組織化については、真剣に考えていきたいと思いす。

他にも一緒に参加している団体さんとの交流もできて、次につながる楽しい話ができました。
娘にとってもとても良い機会となり、感謝しております。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA