なぜ『ホームスクーリングタウン』をつくるのか

こんにちは。小沼陽子です。
外出自粛期間、皆様はどうお過ごしですか?
私は毎日のように、自分の頭の中をマインドマップに書き出すことで心をスッキリさせています。
ゆっくり考える時間も多く、マインドマップはとても役立っています。

●新型コロナをきっかけに多くの親子の考え方が変わるだろう

新型コロナウィルスの影響で、大人は在宅勤務が増え、子供は学校休校となり家庭学習を余儀なくされています。

時間に余裕ができ、じっくりと考える時間が増えた親子の中には、次のような問いを持つ方もいるのではないでしょうか。

『学校は何のためにあるの?』
『私が本当にやりたいことは何?』
『私がやりたい仕事はこれなのか?』
『一度しかない人生、自分の人生は自分で決めて生きていきたい』

実は息子が不登校になり行き詰まった時に、まさに私が考え抜いた問いがこれらです。

●プロジェクト立ち上げ

このような問いを考え続けた私は、「うちの子供のようにレールから外れた子供達がもっと生きやすい社会をつくるために、私も何か役に立てることをしたい」という強い思いがとまらなくなり、20年勤務した仕事を辞めたのでした。

しかし仕事を辞めたはいいけれど、自分で学校を作るのがいいのか、フリースクールを立ち上げるのがいいのか、何も決めていなくて何をしたら良いのか全くわかりませんでした。

我が子は学校もいかないし、フリースクールも行きたがりませんでした。結局、家庭で過ごすことを好むので、では家庭を起点に地域の施設やフリースクールや学校を上手に利用して学べる環境を整えよう、学び方をそれぞれの親子が好き放題、自由に選択できたらなんて素敵だろう!と夢を描いてプロジェクトを立ち上げ活動を始めました。

●ホームスクーリングタウンの必要性

ホームスクーリングしやすい環境を整える活動を始めて、かれこれ3年以上が経ちました。

活動を続けていくうちに見えてきたのは、大人はそれぞれの子供の成長に応じた環境を用意することが大事だということです。

小学校低学年のお子様は、フリースクールのような安心して自由に活動できる居場所が必要です。外で思いっきり遊べる環境も大切です。高学年に成長していくと、自分の好きを追求できる場所を求める子供が増え、中学生になると、自ら進んで自分のやりたいことを始めていきます。自分と趣味があう友達と出会う場が必要となってきます。

これは、私が活動してきて感じた単なる主観ですので、全ての子供に当てはまるわけでは全くありません。

私が何を言いたいかというと、子供にとって、学校が一番!フリースクールが一番!インターナショナルスクールが一番!と決められないということなんです。

それぞれの子供のその時の体調や気持ちの状態、成長の様子でベストな環境が変わります。

だから私は、各家庭それぞれが子供の成長に応じて教育を選択できるホームスクーリングという学び方にとても魅力を感じているのです。

ホームスクーリングで重要なのが、親が子供を見る力、学びを選択する力、決める力です。

今回の新型コロナウィルスの影響で、親は子供と接する時間が増え、学校のこと、学び方のこと、子供のことを真剣に考える時間もでき、親自身も自分の生き方を考える時間が増え、親の力がアップすると思っています。

となると、ホームスクーリングを選択する親子が増えると私は思うのです。
なんだかホームスクーリングを実践している私は親の力がある、みたいな書き方になってしまって、ごめんなさい。そんな事は全然ないので。私ももっともっと成長したいと勉強中です。

地域の方々や行政や学校と連携して、ホームスクーリングしやすい環境を整える重要性がますます増してきていると思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。私はブログを読んでくださっている皆様と一緒に、それぞれの得意を持ち寄ってホームスクーリングタウンをつくりたいと強く思います。この新型コロナウィルスは色々な不安もあるけれど、神様が早く新たなステージに立てと言っていると思えてならないのです。もっと急げと。

みんながそれぞれ自分にあった学びを選び、幸せになれるホームスクーリングタウンの姿はどうあるべきなのか。もっとキレッキレにイメージを研ぎ澄まして、引き続き皆様にお伝えしていきます。

ぜひ皆様のお力をお貸しください!これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA