【活動報告】朝カフェプラス開催しました!〜通信制・サポート校先生とお喋りしながら色々聞いてみよう!〜

こんにちは。小沼陽子です。

10/27(火)に朝カフェプラス〜通信制・サポート校先生とお喋りしながら色々聞いてみよう!〜を開催しました。

参加者さんは大人10名、子供5名、zoomから1名、高校生ボランティア2名で合計18名でした。
応募を開始して2日で定員に達してしまうほどのお申し込みをいただき、大変感謝しております。

新型コロナウィルス対策のため定員を絞っており、今回はzoomからもご参加いただけるように段取りしました。zoomとの同時開催は初めてであり、私にとっては新たなチャレンジなので、公には応募せず、今回はライングループのみのご連絡とさせていただきました。

無事、zoom参加者さんともコミュニケーションをとりながら進行できたので、ホッとしております。

●通信制高校とは

今回お招きした講師は、当プロジェクトメンバーとしてもご協力いただいている新田里奈さんです。

彼女は進学校や通信制高校の教員を経て、現在は藤沢にある湘南一ツ星高等学院にて学院長補佐を務めていて、且つ、二児の母親でもあります。

まずは彼女から通信制高校とは?のお話を聞かせていただきました。

私も息子が通信制高校に通っているので、ある程度は知っているつもりでしたが、まだまだ知らないことがたくさんありました。

「通信制」「全日制」「定時制」という括りがあり、またそれとは別に「単位制」「学年制」という括りがある。本当にややこしいです。

最近は通信制高校もクローズアップされてきましたが、制度体系がまだまだ古いままだなあ、というのが私の率直な感想です。

●実際に通信制高校に通っている母親から話を聞きました

今回は、既に通信制高校に通われているプロジェクトメンバーにも「先輩ママ」としてご参加いただきました。

質問タイムでは、先輩ママの話に皆様、興味津々でしたね。

『学費のこと』『受験のこと』『子供の様子のこと』など、実際に通われている母親の話を聞ける機会は、とても貴重だと思います。

私も息子が通信制高校に通っているので、分かる範囲で質問にお答えさせていただきました。

ただ、私の場合は間違ったことをガンガン話してしまう危険性があるので、横で里奈さんがフォローしてくれて、とても助かりました。

里奈さん、ありがとうございました!

時間ぎりぎりまで話がとまらず、参加者さんからも「質問したいことがまだあります」との感想をいただいているので、また機会を作れたらいいなと思います。

●子供達に感謝!

今回は、通信制高校に通われている女子高校生ボランティアさんお二人にお手伝いいただきました。

受付で検温や集金をやってもらったり、資料を配置してもらったり、片付けを手伝ってもらったりと本当に助かりました。
ありがとうございました!!

私の想い描く『ホームスクーリングタウン』作りに彼女達もぜひ協力したいと言ってくれて、とても嬉しかったです。

一緒に作りましょー!!

そして、最後に個人的なことで恐縮ですが、今回はうちの娘に本当に感謝です。

zoom設定や会議マイク設定は、私は娘がいなかったらできませんでした。
当日の机配置も、私の作った配置図を見ながら娘が1人でやってくれました。

帰宅後、とても疲れていた娘でしたが、お友達と会えたり、新しいお友達ができたりととても楽しかった様子です。

ご参加いただいたお子様には優ポイントカードにスタンプを押してお持ち帰り頂く準備をしていたのに、当日はドタバタでスタンプ関連は何もできずに終わってしまいました。

これに懲りず、大人も子供も一緒に楽しめる会は今後もやりたいなあと思います。

●次回は

次回の朝カフェは11月17日(火)を予定しています。

社会福祉協議会さんで、久しぶりにいつも通りの朝カフェをやろうかなあと思っています。

やはりリアルで人と話すのは楽しいですねえ。
社会福祉協議会さんは感染対策もきっちりしていて、私としても安心です。

ということで、皆様、ありがとうございました!また会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA