【優タウン:活動報告】有機的な繋がりができるプログラム創り

こんにちは。小沼陽子です。

昨年末、私達の目指す”みらいタウン”の名前を『優タウン』と名付け、

それからというものプロジェクトメンバーらと何度もミーティングを重ね、ビジョンをクリアにし、新たなプログラム創りに奮闘しています。

そして、本日もメンバーミーティング。

素晴らしい仲間に恵まれて感謝してもしきれないほどありがたいのですが、そんな方達なので皆、忙しい。

なので本日のミーティングは、なんと、朝7時からでした。
貴重な時間を調整しながら、少しづつ前に進んでいます。

⚫️立ち上げ時期の苦しさを仲間とともに乗り越える

プロジェクトを立ち上げた4年前もそうでしたが、新しいこと始めるには、最初の立ち上げ時期が一番苦しい。

もや〜っとしていて前に進みたくても進めない、遠くに光は見えるのだけど、その前に大きな雲がかかっているような感覚です。

そこを抜けるのには大きなパワーや気力が必要です。
先が見えない中、雲を切り抜け一緒に進んでくれる仲間に、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

⚫️見えてきた新たなプログラム

そして、ここへきてやっと、新たなプログラムの形が見えてきました。

ご近所を探検したり藤沢の面白いところを探検しながら、探究力を身につけ、参加者同士や地域の方々との有機的な繋がりを作っていくことを大きな目的にしたプログラムです。

とはいえ、朝カフェと同じように、『楽しい!』企画であることが一番大切ですね。

プログラムが完成するのも嬉しいけれど、こうやって、仲間とともに未来を作っていくこと自体が本当に楽しいです。

今後はプログラムを通して運営側の仲間も増やしていき、プログラムをどんどん改善しながら、さらに良い形にして拡げていく計画です。

プログラムの詳細は近々ご報告予定ですので、ぜひ、多くの方々と一緒に楽しいプログラム創りができらたいいなと思います!

引き続き、応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA