【ご報告:朝カフェ】小学生と中学生 不登校の悩みの違い

こんにちは。小沼陽子です。
昨日の朝カフェには11名の方にご参加いただきました。いつもより若干人数が少なめでしたので、全員の自己紹介のあと、自由にお話する時間がゆっくりとれました。
「10月に開催した”普通と違っていいんじゃない?”セミナーに参加して朝カフェを知り今日来てみました」という方も何名かいらっしゃって、嬉しかったです。

●小学生と中学生 不登校の悩みの違い

それぞれの方の自己紹介を聞いていて毎回思うのは、不登校と一言でいっても、お子様が小学生か中学生かによって親御さんの悩みが違い、そして重なる悩みがある、ということ。

・小学生は居場所がほしいという悩みが多い。
・逆に中学生は居場所を必要としている方が少ない。
・中学生のお子様をお持ちの親御さんは高校受験どうしよう、通信制高校の情報がほしいという悩みが多い。

昨日は、自己紹介のあとの自由トーク時間に、小学生グループと中学生グループの親御さんでそれぞれ、話が盛り上がっていました。

そして!昨日参加していた小学生をお持ちの朝カフェメンバーさんが、朝カフェの後、早速「子ども中心部」というライングループを立ち上げてくれました。

①子どもの居場所を紹介しあったり②親子でおでかけしたり③ゲームをする日④メンターとなる講師をお招きしたり⑤学習どうしてる?など、共有するグループです。

既に、中学生の朝カフェメンバー同士で「進路あれこれグループ」が立ち上がっていて、ライン上での情報共有も活発に行われています。朝カフェライングループの中で子ども向けのグループ立ち上げは、今回初めてなので、私も楽しみです。

行動力もあり能力も高く、朝カフェメンバーにはすごい方が多いです。

●ホームスクールを軸に子育てするということ

思い起こせば、私も子どもが小学生のころ、あちこち居場所を探したなあと思います。ネットを鬼のようにサーフィンし、できる限り現地見学したいけど、子供がなかなか来てくれない。

そうこうしているうちに、子どもはどんどん成長し、今度は通信制高校の資料を読みまくり、見学に行きという日々を過ごし、今年から長男は通信制高校に楽しそうに通っています。

子供の成長は本当に早い。そう考えると、学校やフリースクール、地域の居場所を活用したり、家で自分の興味をつきつめてみたり、色々な情報を入手しながら、子供の成長に寄り添ってホームスクールを軸に学んでいくやり方ってすごくいいんじゃないか、とまたまた思ってしまったのでした。

●参加された方のご感想

昨日、参加してくれた朝カフェメンバーさんが朝カフェの感想をブログにアップしてくれたので、こちらでもシェアさせて頂きます。

https://ameblo.jp/minimal-itunomanika/entry-12546487944.html?fbclid=IwAR2PfJkkyCx5oEww3dRFgntQ2ZVtTU4MLBc__Ka3P5fN555pxy3K85zahZE

「代表の小沼さんが・・・」と書いてくれていますが、私は全然たいした話はしておらず、私も皆さんのお話を聞いて、そこから自分を見つめ直し、気づきがあり、新たな自分に変わっていく。恐らくみんなそんな感じなんでしょうね。

昨日参加された方が「朝カフェにきて皆さんのお話を聞き、私は子供を追い詰めていたのかなと思い、それから私が変わったら子供もちょっとづつ元気になってきています。」というようなお話をされていました。そういう話を聞くと、私だけでなく、同じ経験をたどって来ている、朝カフェメンバーみんなが嬉しそうです。

次回の朝カフェは12月16日(月)9:30〜@社会福祉協議会さんです。

良ければ、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA