藤沢市『子どもが主役のまちづくりワークショップ』参加

こんにちは。小沼陽子です。

8月24日(土)に藤沢市「子どもが主役のまちづくりワークショップ」に参加してきました。40名程度参加されており、朝カフェメンバーも数名参加しました。

このワークショップは、『藤沢市子どもと子育て家庭の生活実態調査』の結果を受けて、市内3か所で開催。今後、子どもの貧困対策に関する計画策定にここでの生の声を活かしていくことを目的に開催しているとのことです。

実態調査の結果は下記のサイトからご覧ください。
https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/…/kodomotokosodatecyo…

ワークショップでは、困っている子どもに私達は何ができるか、グループに分かれて話し合いました。様々な世代、様々な肩書きの参加者が同じ目線で話し合えたことがとても良かったと思います。

私達はいつも「学校以外の居場所が足りない」と困っていますが、同じグループのシニア世代の女性は「子どもが来てくれなくて困っている」とおっしゃっていました。
私達の知らない居場所がまだまだたくさんありそうだと感じています。私達はホームページがない居場所はなかなか見つけられません。どうにかそういった知られていない居場所と利用したい人をマッチングできないものかなと思います。

そして、最終的に私達のグループは「母親を元気にするプロジェクト」 という結論に終わりました。子どもの問題を解決するには、母親の負担を軽くしなくてはいけない、という本質的な問題に、シニア世代であろうと現場をみている方はちゃんと分かっていて、心強い味方ができた気持ちになりました。

ワークショップの最後には藤沢市の小野副市長さんから「この様な取組を今後も続けていきたい」とのお話がありました。話し合うだけで終わらせず、私達市民も行政の協力を得ながら、具体的に動けたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA